BMI値25以上の人は必ずダイエットが必要

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
Bookmark this on Delicious
LINEで送る
Bookmark this on Digg

健康診断などで肥満と判定された人はきっと数値が25以上の人です。

メタボリックシンドロームと診断されている人は少し危機感を持ちましょう。

メタボリックシンドロームと言われている人は、大半がBMI値を出してみたところ25以上であることが多いと言われています。これはかなり危険な状態ですよね。

なぜなら単なる肥満では済まされないからです。肥満というのはメタボリックシンドロームという名前が付いているくらい、生活習慣病と密接な関係を持っています。生活習慣病は様々な病気のリスクを高める恐れがありますので、少しでも予防しなければいけないのです。

内臓脂肪を貯める遺伝子を持っている

日本人はどちらかと言いえば、モンゴロイドですので、ほかの人種に比べると肥満になりやすいと言われています。
なぜなら内臓脂肪をため込む遺伝子をほかの人種よりも数倍持っているからであり、それが日本人の今の肥満にも関係しているのです。
もちろん欧米化した食事もありますが、そういった遺伝子を持っているということも理解しておくといいでしょう。
今現在でBMIを計算してもし25以上の人は少しずつでもいいので、ダイエットを始めたほうがいいでしょう。
食事制限をする必要があるでしょう。消費カロリーを摂取カロリーよりも増やすことも大事ですので、運動も取り入れるといいでしょう。
1日に70グラムから80グラムのタンパク質を摂ることもダイエットにつながります。
糖質制限ダイエットも結果的には、糖質を制限することによって摂取カロリーをコントロールしているに過ぎませんので、食べ過ぎを改善することができればダイエットは成功するでしょう。

消費カロリーについて

消費カロリーは基礎代謝ト生活代謝、食事誘発性体熱という内訳でできています。
基礎代謝は男性の場合は1500キロカロリーくらいなのですが、これは何もしていなくても呼吸をして生きているだけでも代謝すると言われているカロリーです。
トータルで30歳の男性なら3000キロカロリーくらいが妥当な摂取カロリーでしょうか。
外回りの営業をしている人ならこれくらいでもいいのですが、全くデスクから一歩も動かないような運動量の人はこれでは取りすぎですので気をつけましょう。

BMI25以上であることは、既に肥満の数値が出ていることを意味していますので、食事制限をする、運動をするなどして何かしらのダイエットを始めなければいけません。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
Bookmark this on Delicious
LINEで送る
Bookmark this on Digg