ダイエットが必要な人はBMI値がどんな人?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
Delicious にシェア
LINEで送る
Digg にシェア

自分のBMI値を知ることはとても大切なことであり、これを知らずして、ダイエットを始めることはできません。

自分のBMIを知り、ダイエットが必要なのはどれくらいの値からなのか見ていきましょう。

客観的な指標で自分のダイエットの必要性を知る

客観的な指標において自分がダイエットが必要なのかどうかを知りましょう。
BMIはあらかじめ計算しておくといいでしょう。まずやせ型と言われている人はBMIが18.5以下の人です。

そして表雨順体重は18,5以上25未満の人です。肥満度1の人は25以上で30以下の人、肥満度2は30以上35未満の人、そして肥満度3は35以上40未満の人、肥満度4は40以上の人という結果が出ていますので、これを目安にするといいでしょう。

BMIを出せばわかること

BMIを実際に出してみてわかることですがそれは少し太っていると思っていたけれど、意外にも自分は標準体重であるというケースが多いことです。

例えば160センチの身長の人の場合にBMIが18.5以上で25未満で計算をした場合には、47キロ以上64キロ未満が標準体重という結果になります。

かなり幅がありますので、47キロの人と、64キロの人が全く同じ体型かといえばそうではありませんので、一概には言えないかもしれません。

標準体重には差がある

これを見てわかるかと思いますが標準体重には少し幅がありますが、日本人であればBMI22を維持することは病気になるリスクもありません。これが一番健康でいられるといっても過言ではないのです。言い換えればこれ以上低い人、高い人は病気にかかるリスクが高いといってもいいかもしれません。

しかし中年期以降の人になると、22よりちょっと多くても良いというような年齢によっても若干見解が違っています。

ですから、あくまでも一つの目安として知っておいたほうがいいかもしれませんね。

ダイエットが必要なのは肥満度1からとすれば、肥満度1の25以上の人は何かしらのダイエットをしたほうがいいということになるでしょう。もちろん肥満度1の人と肥満度4の人が同じダイエット方法で行っていても肥満度4の人に対しては少々ゆるいダイエットとなりますので、それなりに区別したダイエットを選ぶ必要があるでしょう。

ダイエットを今後検討するにあたっては、自分がBMIどの程度なのか把握した上でどれくらいのダイエットをしなければいけないのか検討するようにすればいいでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket
Delicious にシェア
LINEで送る
Digg にシェア